​播州織生産工程図

(織物企画)

用途に合わせた織物の

商品開発(企画)を行います。

(テキスタイルデザイン)

色、模様、図柄、質感等を

考慮して、服飾やインテリア用との

織物をデザインします。

(見本室)

産元商社の見本展示室。数多くのサンプルが保存されており、商品開発に重要な役割を果たしています。

(原糸入荷)

天然繊維・機能繊維・エコ繊維と多種多様な素材糸が産地に入ります。

(荒巻整経)

タテ糸を染色ビームに巻き取る工程です。長さを揃えた数千本の糸が同時に並べて巻き付けられます。

(ソフトチーズ巻き)

ヨコ糸が良く染まるように、ソフトに巻き直す工程です。

(綛取り)

染色の前に、原糸を綛枠に一定回数巻きつける工程です。

(ビーム染色)

ビーム染色は、荒巻整経したビームを染色釜に入れて染色する方法です。

(チーズ染色)

チーズ染色は、ソフト巻にした糸を染色釜に入れて染色する方法です。

(綛染色)

綛の状態で、染色釜に入れて染色する方法です。

(一斉サイジング)

染色されたビームを指示された色・柄に組み合わせて、一斉に糊付けを行います。

(緯糸チーズ巻き)

レピア織機やエアージェット織機用のチーズやコーンに巻き直します。

(部分整経)

糊付けされた綛やチーズ糸を部分整経機で整経します。

(畦取り)

一斉サイジングでビームに巻かれたタテ糸を柄組し、綾ヒモを通す作業です。

(ビーム・ツー・ビームサイジング)

部分整経したタテ糸を糊付けします。

(筬通し(経通し))

織物の規格に応じて、タテ糸を筬(リード)に通します。

(はた仕掛)

準備ができたビームを織機で織れるようにします。

(製織(ジャカード)・普通織機)

ジャカード装置によってタテ糸を1本ずつ上下運動させる織機です。

(製織(ドビー)・エアー織機)

ドビー装置によって綜絖を上下運動させる織機です。綜絖枚数は通常16枚程度。

(製織(平織)・レピア織機)

カムまたはタペットによって綜絖を上下運動させる織機です。綜絖枚数は通常8枚以内。

(検 反)

織りあがった原反の検査を行います。

(仕上加工)

織布工場で織られた生地は、加工場で、各種の仕上加工が行われます。

(規格検査)

最終の厳格な検査が行われます。

(梱包・出荷)

検査に合格した製品を梱包、出荷します。